豊洲市場問題で、築地も汚染されているという比較はおかしいと思います

豊洲市場問題を考える際に、築地市場も汚染されているという意見が出ています。この考え方は、豊洲移転を推進する理由にはならないと感じています。築地市場は、1935年に開場して、もう80年使われてきた市場です。これだけの期間お世話になった市場と、これから移転するかもしれない市場とでは、移転先の安全性の方が重要です。今後何十年も住む予定の家に、不安要素がたくさんあるのを承知で引っ越す人はいません。
ヤフーニュースの毎日新聞の記事に、東京都の「市場問題プロジェクトチーム(PT)」の第7回会議が開かれ、築地改修なら最大800億円…とありました。この800億円、大変な金額ですが、この先また80年くらい使うとすると、問題や疑惑だらけの豊洲に移転するよりも良いのではないかと思います。豊洲市場は、人がそこで長時間働かない倉庫等に貸して賃貸収入を得る場所に変更するのが良いでしょう。先ほどの記事には、以前に築地の再整備をしていた時期(’80~’90年代)よりも建設技術も向上していて、市場を営業しつつ工事も出来る…とありました。
大きな施設を作って、「築地も汚いから」とか「もう完成してるんだから移転するしかない」というような安易な考え方を許していたら、いつまでたっても都民優先の政治など出来ないと思います。在籍確認なし カードローン

コツコツためることが苦手な人へ

私自身でも、お金がはいってきたらすぐにつかってしまう人間でした。その場で好きなものを買ってしまったり、そのために貯金はゼロ、そして給料日前は何もできず、家にひきこもることしかできない日々が続いていました。しかし、その中でこんなズボラな私でもできる節約方法を見つけたのです。それは、第一に小銭貯金を始めること。お金をおろすときには、必ずすべて1000円札でもらう。そして、毎回小銭は使わずに、お札だけを使用する。小銭はすべて、貯金する。というシンプルな方法です。これを実施することで、実際にATMに行く回数が増えてしまうのが現実です。しかし私は、「あれ、いつもよりも残高が少ない…まだ、月の中旬なのに!」という危機感と共に、あまりお金をおろさなくなりました。さらに、小銭はすべて貯金してしまっていたため、毎回1000円札を使うことにすこし抵抗が芽生え始め、無駄に自動販売機で飲み物をかわずに、タンブラーなどを持ち歩いていました。実際に食べたいものは食べたりしてしましたが、月末小銭の数を数えてみると、23,000円ほどたまっていました!1か月で2万円程度、なにもせずたまるのは、長期的に考えると年間25万弱貯まる計算になります。こんなズボラな私でも、増えていく小銭をみるとワクワクして、楽しみも感じられた節約法なので、是非実施してみてください。みずほ銀行カードローン審査

初めて利用する方が無利息

近年、差別化が難しい状況の中、大手消費者金融がこぞって導入をしているのが、無利息キャッシングです。銀行であれば、貸金業以外にも投資などで利益を上げることができます。しかし消費者金融の場合、利益のメインは利息であり、それ以外では手数料や保証業務などとなるでしょうか。つまり、消費者金融等の貸金業者においては、お金を貸すことで得られる利息を無利息によって放棄することは、自らの収入源を断つに等しい行為です。しかし、もちろん消費者金融とて、そのような利益を圧迫する行為を永続的に続けていくわけではありません。ある程度の期限を設けて、その期限が過ぎたら通常の金利設定にするのです。これが、各社がこぞって導入をしている無利息キャッシングの正体です。アコムは、無利息に関しては後発の部類でした。期間限定で金利0円キャンペーンを行ったりした時期はありましたが、キャンペーン期間が過ぎれば金利0円とはならなかったのです。そこで、アコムも30日間金利0円サービスを通年行うサービス化に踏み切りました。アコムで初めて契約をする方が対象アコムの30日間金利0円サービスは、一体どのようなサービスなのでしょうか。条件としては、初めてアコムを利用する方に対して、新規契約日の翌日から30日間を無利息とするサービスです。まず、初めてアコムを利用する方がミソです。つまり、今現在アコムでお金を借りている人は、もちろん対象外となります。過去から現在までアコムでお金は借りていないが、契約はしていてアコムのカードは持っている方も、もちろん対象外です。さらに、かつてアコムを利用していたが、現在は解約していてカードも手元に無い方でも、残念ながら対象ではありません。文字通り初めてアコムを利用する方が対象となるのです。即日融資 来店不要